Artist Name
Metallica
(8 users)

Data Complete
90%

Members
4 Male

Origin
Los Angeles, USA

Genre
Thrash Metal

Style
Metal

Mood
Angry

Active
1981 to Present...

Most Loved Tracks


Music Video Links


Upcoming Live Shows
Charlotte Motor Speedway, US, Concord (01/May/2020)
Daytona International Speedway, US, Daytona Beac (08/May/2020)
Highland Festival Grounds @ KY Expo Center, US, Louisville (17/Sep/2020)
Discovery Park, US, Sacramento (09/Oct/2020)
Discovery Park, US, Sacramento (09/Oct/2020)

Artist Biography
Available in:
メタリカ (Metallica) は、1981年にジェイムズ・ヘットフィールド (Vo/G) とラーズ・ウルリッヒ (Dr) らが中心になって結成された、アメリカ合衆国のロサンゼルス出身のヘヴィメタル・バンド(後に本拠地をサンフランシスコに移した)。初期はスレイヤー、アンスラックス、メガデスと共に「スラッシュメタル四天王」の一角と言われたが、その後グルーヴ・メタル、オルタナティヴ・ロックなどへの接近を経て、現在の立ち位置を確立。「問題作」の多さが取りざたされることも多いが、1990年代に全米アルバム総売り上げ4位を記録するなど、商業的な成功を得ている。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第61位。
ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。
スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバムではNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルであったが、2nd~4thアルバムでは叙情的なフレーズと冷徹なリフのコントラストを練られた構成の楽曲のなかで表現する、オーセンティックな美意識にも通ずるヘヴィメタルへと変化した。フレーズとリフともに古典的なハードロックやヘヴィメタルの様式とは微妙に異なっており、いずれもジェイムズのプレイスタイルも含めて冷やかさを感じさせる。逆にカークのプレイはストレートかつエモーショナルで、このような正反対のツイン・ギターの絡み合いがメタリカのサウンドを決定づけている。
5thアルバムでは、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。このグルーヴへの傾倒は6th・7thにおいて決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く物議を醸すこととなる。
他アーティストの楽曲のカヴァー・ヴァージョンもレパートリーにしており、ディープ・パープル(『スモーク・オン・ザ・ウォーター』)(『バーン』)・シン・リジィ(『ウィスキー・イン・ザ・ジャー』)・バッジー(『ブレッドファン』など)・モーターヘッド(『オーヴァーキル』)レインボー(『オールナイト・ロング』)の70年代ブリティッシュ・ハードロックや、ダイアモンド・ヘッド(『ヘルプレス』など)をはじめとするNWOBHM勢の曲、ハードコア・パンクバンドのアンチ・ノーウェア・リーグの曲(『ソー・ホワット』)も含まれており、ここからメタリカのルーツを知ることができる。
歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。


Wide Thumb


Clearart


Fanart


Banner


User Comments

No comments yet..


Status
Unlocked
Last Edit by lavasca: 15/Nov/19

External Links